契約結婚・いきなり婚したいあなたを応援!約束婚研究所のブログ。

契約結婚・友情結婚したいあなたを応援!約束婚ねっとのブログ。

約束婚ねっとは、契約結婚・友情結婚等専門の婚活サービス(会員同士の交流イベントの開催、お相手の紹介サービスなど)を提供しています。

友情結婚とは?結婚したいけど恋愛したくない、セックスしたくない人のための結婚の形

f:id:prenups:20190317214135p:plain


友情結婚とは

友情結婚(Friendship Marriage)とは、

恋愛関係や性愛関係を伴わない結婚のことをいいます。

 

恋愛結婚との対比で考えればわかりやすいと思います。

 

恋愛結婚は、

①恋愛関係にある人同士がする結婚であり、

②結婚後は性愛関係(肉体関係)をもつことを前提としています。

 

これに対して友情結婚は、

①恋愛関係にない人同士がする結婚であり、

②結婚後は性愛関係をもたないことを前提としています。

 

 

なお、友情結婚には恋愛/性愛関係こそありませんが、夫婦として相互に協力し合って生活していくという点では、恋愛結婚と何も変わりません。

 

友情結婚の最大のメリット

セクシャリティ、過去の経験、性格、趣味嗜好、信条など様々な事情から、

  • 異性と恋愛/性愛関係を持つことが困難な方(異性を恋愛対象と見ることができない、異性とセックスできない)
  • 異性と恋愛/性愛関係を持ちたくないと考える方(恋愛したくない、セックスしたくない)

は決して少なくありません。

 

ですが、これらの方々が全員結婚をしたくないかというと、そうではないのです。

人が結婚を望む理由は、恋愛や性愛だけではないからです。

 

たとえば、

異性と恋愛/性愛関係は持ちたくないけれども、

  • 子供が欲しい
  • 独身でいることが不安、淋しい、虚しいので結婚したい
  • 誰かと結婚という形でパートナーとなり、支えあって生きて生きたい
  • 結婚して親を安心させてあげたい
  • 世間体やキャリアのために既婚というステータスが欲しい
という方などは、友情結婚することにより、結婚に恋愛/性愛を持ち込むことなく、上記の目的を叶えることができるのです。
 

友情結婚の様々なメリット

友情結婚の魅力でお話した以外にも、友情結婚には次のようなメリットがあります。

 

①結婚後の生活環境や約束事を事前に話し合い、お互いの理想の結婚生活を作り上げていくことが出来る

 

友情結婚は、恋愛/性愛関係を前提としていないからこそ、結婚前にお互いが望む結婚後の生活環境や相手に守って欲しい約束事などをきちんと話し合うことになります。

 

恋愛結婚では、ほとんど何も話し合わないまま勢いで結婚してしまったり、相手から嫌われたくないがために自分の要望を言い出せなかったりすることで、結婚後に「こんなはずじゃなかったのに・・・」と、思い描いていた結婚生活と現実とのギャップに悩まされることが珍しくありません。

 

友情結婚なら、結婚前にお互いの希望を出し合って話し合い、お互いにとって心地よい環境を作り上げていくことができるので、結婚後に理想と現実のキャップに苦しめられる可能性が低くなります。

 

 

②夫婦関係が、恋愛感情という不確かな要素に左右されない

 

恋愛感情が不確かで移ろいやすいものであることは周知の事実だと思います。

 

結婚後も、結婚前と同様の恋愛感情/性愛関係を長年持ち続けるカップルは、極めて稀でしょう。

 

恋愛や性愛関係だけで結ばれている夫婦関係は、お互いの心変わりやマンネリ化などにより、破綻を来たしてしまうことが珍しくありません。

 

一方で友情結婚の場合、結婚の動機や目的は恋愛感情でも性愛関係でもありませんので、それらの不確かな要素により夫婦関係が左右されることがありません。

 

 

友情結婚では、お互いの結婚の目的を達成するために、程よい距離感を保ちながら協力し合うことになるので、感情に左右されることなく、安定した関係を築きやすいといえます。

 

いかがでしたか?

友情結婚という言葉は聞いたことがあっても、イマイチ意味はわからないという方も多かったのではないでしょうか。

 

約束婚ねっとは、真剣に友情結婚の相手を探している方のための婚活サービスを提供しています。

 

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

yakusokukonnet.jimdofree.com

 

契約結婚・友情結婚・スピード婚専門の婚活サービス提供中です!

f:id:prenups:20190317214135p:plain
契約結婚友情結婚・スピード婚専門のマッチングサービス【約束婚ねっと】

たくさんのマッチングサービス会員のお申込み、誠にありがとうございます!

関東を中心に、北海道から関西まで日本全国からお申し込みを頂きました。

現在のところ、お申込みは20代〜40代の方を中心に、

などのご希望が多いようです。

 

上記に挙げたような事情、それ以外のどんな事情を抱えた方でも、パートナーを見つけて家族として共に人生を歩んでいきたいという気持ちは尊重されるべきです。

 

たとえそれが社会一般にはまだ理解されないものであっても、どうか結婚を諦めず、幸せになるための一歩を踏み出してほしいと思っています。

 

今はまだ会員数も限られており、地方在住の方などには必ずしも十分な出会いを提供できていない状態ではありますが、今後も活動を続けることで、少しでも多くの出会いを提供していきたいと思っております。

どうか応援よろしくお願いします!

 

サービス詳細や料金については、公式HPをご覧ください。

yakusokukonnet.jimdofree.com

マッチングサービス開始しました!※無料会員登録受付中!

弁護士の平です。

約束婚研究所が運営するマッチングサービス<約束婚ねっと>がついに始動しました!

恋愛以外の理由で結婚したい方

結婚生活で譲れない条件がある方

のための婚活サービスです。

  • 契約結婚したい/友情結婚したい/スピード婚したい/週末婚がしたい…
  • 恋したいわけじゃないけど、結婚はしたい…
  • セックスはしたくないけど、人生のパートナーがほしい…
  • 逃げ恥のように、家事を全部やる代わりに結婚相手から対価をもらいたい…
  • 結婚はしたいけど、ひとりの時間もしっかりと確保したい…

など、通常のマッチングサービスでは少し言いにくいような希望をお持ちの方も、<約束婚ねっと>ならお相手探しがしやすいですよ。

 

無料で会員登録できるので、少しでもご興味のある方はぜひ登録してみてくださいね!

会員登録してくださった方には、

  • 会員限定の交流会やパーティー、オンラインイベントのご案内
  • 希望条件にマッチするお相手のご紹介&お顔合せのセッティングサービスのご案内

などをメールで送らせて頂きます。

  

安心・安全にお相手探しができるよう、実際にサービスをご利用頂く際には

必ず身分証明書を提示して頂きますので、ご理解とご協力をお願い致します。

 

真剣に結婚相手を探す方のためのマッチングサービスですので、不正目的や冷やかし目的での利用と認められる場合には、サービスの利用をお断りさせて頂きます。

 

会員登録をご希望の方やサービス内容のお問合せをご希望の方は、

yakusokukon@gmail.com までご連絡頂くか、公式HPのお問い合わせフォームをご利用ください。

公式ホームページはこちら↓

 

サービスの詳細や料金についても、こちらの公式HPでご案内しています。

★会員登録をご希望の方は、お名前のほか、以下の1~6の項目を記入し、上記アドレスにご連絡ください。

  1. 性別(セクシャリティ
  2. 年齢
  3. 電話番号(※差し支えなければ)
  4. お住まいの地域
  5. マッチングの希望条件(理想の結婚の形やお相手のご希望について、簡単でいいのでご記入ください。)
  6. 希望するサービス(①会員交流イベントのご案内、②お相手紹介サービス)

お預かりした個人情報は本サービスの提供のためだけに適切に使用・管理し、プライバシーも厳守致します。

それでも「本名を出すのには少し抵抗がある」という方は、ニックネームでの会員登録も可能です。

もっとも、実際にイベントやお相手紹介サービスをご利用する際には身分証の提示が必要となりますのでご留意ください。 

 

なお、<約束婚ねっと>の代表は、当研究所設立当初からのメンバーである

末永えり

という者です。

 

末永からのコメントはこちら。

皆さま、はじめまして。

末永えりです。

<約束婚ねっと>の代表として、1人でも多くの方のご縁を結べるよう力を尽くしたいと思っています。

 

始動して間もないために何かとご不便をおかけしてしまうかもしれませんが、皆さまのお声を参考にしてサービスをより良いものに変えていきたいと思っていますので、ご質問やご要望など、何でもお気軽にご連絡ください。

皆さまのご登録を心からお待ちしています。

幸せへの1歩を一緒に踏み出しましょう♪

 

約束婚ねっと代表

末永えり

 

約束婚研究所と〈約束婚ねっと〉は、世間の常識に囚われない自分らしい生き方を応援しています。

結婚も婚活も、もっと自由に。

この理念を実現すべく活動を続けていきますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

お問い合わせお待ちしてます!!

おブスの花道|人工知能を使って顔面の美醜を考察してみた

f:id:prenups:20181226212556p:plain

セレブ

こんばんは。

まいどお馴染みのリケジョです。

今までは、男と女の問題について、科学的な知見をもとに考察してきましたが、今回はちょっと趣向を変えて、今流行りの人工知能を導入します。

人工知能の中でも、最もホットな技術である画像生成法(GAN)を導入します。

その目的は?

顔の美と醜について考察を深めることです。

トップに上がっている画像は、世界のセレブたちの画像を人工知能に学習させて、セレブっぽい画像を生成させたものです。

注目!

どのセレブも実在するセレブではありません!

上の画像は、人工知能がランダムに生成したセレブっぽい顔です。

よく見ると、崩壊しているコマがあることに気づきますよね。

これを使って、イケメンとブサメン、美女とブスについて考えます。

どうやって考えるか?

顔面の足し算と引き算です。

どういうこと???

ご説明します。

顔面同士で計算ができる

GANという人工知能のすごい点は、顔面同士で計算できてしまうということです。

f:id:prenups:20181226221558p:plain

白人女性(最初の画像の4行目左から4番目)+黒人男性(3行目3番目)ー白人男性(1行目2番目) = 褐色肌の女性

になります。

人工知能は、特徴同士を足し算、引き算できます。

では、この性質を使って、次の実験をしてみます。

 

すべての顔にイケメンを足す

イケメンをみると、イケメン度を分けてほしいと思う男性もいるでしょう。

実際にやってみましょう。

独断ですが、赤い枠で囲った男性(5行目)がイケメンです。

f:id:prenups:20181226222240p:plain

この男性です↓

f:id:prenups:20181226222151p:plain

実在してほしいです。

この男性の顔を、最初の顔全部に足すとどうなるでしょうか?

f:id:prenups:20181226223856p:plain

 

結果がこちら↓

f:id:prenups:20181226223339p:plain

なんと!ほとんどがイケメンになってしまいました。

次に、美女でやってみます。

独断ですが、赤い枠で囲った女性(5行目)が一番美女です。

f:id:prenups:20181226223525p:plain

この女性です↓

f:id:prenups:20181226223610p:plain

人工知能作とは思えぬビューティー

この美女の顔を最初の顔全部に足すとどうなるでしょうか。

 

f:id:prenups:20181226223825p:plain

結果がこちら↓

f:id:prenups:20181226223720p:plain

なんと、ほとんどの顔が美女になってしまいました。

 

次は、禁断の一手です。

逃げてはいけません。

さて、こう思うことはありませんか?

おブスじゃなければ、こんな人生にはならなかったのに・・・

やってみましょう。

一番のおブスは、独断ですが、この青で囲んだ画像です。

f:id:prenups:20181226224313p:plain

ちょっと生々しすぎる気もしますが、この方です↓

f:id:prenups:20181226224402p:plain

 

この顔を、最初の全部の顔から引き算するとどうなるでしょうか。

f:id:prenups:20181226224547p:plain

結果がこちら↓

f:id:prenups:20181226224629p:plain

白人女性を引き算したので、褐色男性ばかりになりました。

また、引き算された本人は消え失せてしまいました。

しかし、顔が整った人が増えていませんか?

私の好みは、5行目の赤枠の男性です。f:id:prenups:20181226225012p:plain

 

この方です↓

f:id:prenups:20181226225143p:plain

 

惚れてしまいました。

まとめ

  • イケメンを足すとイケメンになる
  • 美女を足すと美女になる
  • おブスを引くとイケメンになる

 

ありがとうございました。

約束婚研究所は、契約結婚したい/いきなり婚したいという方々のため、専門マッチングサービスの提供を予定しています。

興味を持ってくださった方は、

ブログの読者登録・コメント・SNSでのシェア・ブログ村のバナークリック(左下)

などを通じて応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ

 


結局、契約結婚って何?ヤバイものなの?

 

f:id:prenups:20181204012919j:plain

こんにちは、約束婚研究所のメガネ男子です。


このブログのタイトルは契約結婚・いきなり婚したいあなたを応援!約束婚研究所のブログなわけですが、「契約結婚って、そもそも何なの?」「いきなり婚って初めて聞いたけど?」という方も多いですよね。

ブログを開設した当初はよくこれらのテーマを取り上げていたのですが、最近このブログを読み始めてくださった皆さんはよくわからないと思うので、改めて

契約結婚とは何なのか?

★いきなり婚とは何なのか?

について説明したいと思います。

 

契約結婚とは

契約結婚とは、

夫婦生活を送る上での条件などを取り決めてする結婚

のことをいいます。

もちろん通常の結婚でも、結婚後の生活のこと(生活費の負担や家事分担など)について、あらかじめ二人で約束することは珍しくありません。

しかし、それらの約束は、
・守ってくれないなら、あなたとは結婚しない!
・約束を破ったら離婚する!
という意味ではないことが多いでしょう。


一方で、約束婚(契約結婚)は、

一定の約束事を守ることを前提とした結婚です。

つまり、相手に絶対に守ってほしい約束を取り交わし、それを守ることを前提に結婚するので、普通はその約束事をきちんと書面にします。

これらは、婚前契約書・結婚契約書・プリナップなどと呼ばれています。

約束の内容は夫婦それぞれですが、

  • お金のこと(生活費の分担、預金、借金、お小遣いなど)
  • 性生活のこと
  • 婚外恋愛の可否
  • 子供のこと
  • お互いの家族との付き合いのこと(家族行事や介護等)
  • 離婚事由
  • 離婚した場合のこと(財産分与や子供の養育費・親権等)

などについて定めることが多いです。

こういうのってとても大切なことなのに、結婚前にきちんと決めなかったせいで、結婚後にトラブルになることが多いんです。

そういう結婚後のトラブルを防止するために、あらかじめ色々なことをきちんと話し合って決めておきましょう!

というのが、契約結婚の基本的なスタンスです。

結婚してから色々と決めてもいいのですが、基本的に結婚後にした約束は民法上いつでも取り消すことができるので、いざというときに拘束力がなくなってしまうのです。

そこで、結婚前に約束することが大切になってきます。

 

契約結婚というと、偽装結婚などのやましい結婚を想像しがちですが、それは完全に誤解です。

欧米では婚前契約書を取り交わすことが別段珍しくない(特にハリウッドセレブなど)ですし、

日本でも弁護士や司法書士などが婚前契約書の作成を行ったりしています。

契約結婚は、ヤバイものではありませんのでご安心ください。

結婚生活についてしっかり話し合って、二人の理想の未来を実現するために、前向きな選択として契約結婚をするのです。

 

※「逃げ恥」のように恋愛関係になかった二人が契約結婚する場合もありますが、何年もの交際期間を経たカップルが契約結婚する場合もあります。

※入籍する場合もあれば、苗字を変えたくないなどの理由から籍は入れず、事実婚をする場合もあります。

※婚前契約書で決めたことがすべて法的効力を持つわけではありません。

法的効力を詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。↓

いきなり婚とは

いきなり婚とは、恋愛のプロセスや交際期間を置かないでする結婚のことを言います。

もう面倒なプロセスは全部すっ飛ばして、とりあえず結婚してみよう!

っていう感じです。

「逃げ恥」みたいなイメージですね。

実際のところ、いきなり籍を入れるのも不安だという人も多いので、

①ひとまず結婚を前提に一緒に暮らしてみる

②問題なければ婚姻届を提出する

というステップをとることも多いです(そのまま籍を入れずに事実婚する人もいますが)。

恋愛のプロセスが苦手・面倒くさいという人や、とにかく早く結婚したいという人が、いきなり婚を選んでいます。

(ちなみに僕もいきなり婚したい派です。恋愛とかちょっと苦手なので‥)

いきなり婚の場合、交際しながら自然に結婚後のビジョンを共有していくことができないので、

婚前契約書を作って契約結婚した方が安心だと僕は思います。

 

契約結婚といきなり婚についてご理解頂けたでしょうか?

約束婚研究所は、契約結婚したい方のために専門マッチングサービスを提供をしています。

無料会員登録受付中です。詳細はこちら↓

 

おブスの花道|オトコが浮気をするのは当たり前

f:id:prenups:20181207175511p:plain

こんばんは。

約束婚研究所メンバーのリケジョです。

このコーナーは、感情的になりがちなオトコとオンナの問題を、科学的に分析するコーナー。

今回のテーマは

オトコが浮気をするのは当たり前

です。

男って本当によく浮気をします。

結婚式で永遠の愛を誓っても、浮気する男は減りません。

浮気はいけないことだと批判するのは簡単。

しかし、それでも浮気はなくなりません。

ぎゃあぎゃあ倫理的に騒ぐよりも、男は浮気をするということを前提に、世の中の仕組みを考えたほうが建設的じゃないか?とリケジョは思います。

すぐ倫理的に騒ぐ人って、他人に一定の価値観を押し付けているだけで、問題の本質に関しては思考停止しています。

この際、倫理的な問題は、世の中の真理とは関係がない上に、めんどくさいので脇にのけておきましょう。

今回のリケジョは、ちょっと燃えています。

全然科学的じゃない記事になる可能性がありますので、ご容赦ください。

私は、オトコとオンナの関係にべったりまとわりつく倫理が大嫌いです。

今回は、オトコ=オスの本質に迫りながら、この問題と向き合おうじゃありませんか。

その際の道しるべとなる知見が、次の本です。

文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)

生物学者の目から人間のオトコとオンナを観察した名著です。

ちなみに、原書英語版のタイトルは”Why is Sex Fun?”です。

 

オトコ=オス

人間といっても、男は動物であり、オスです。

我々の背後には、悠久の進化の歴史があります。

なぜ私たちが今日生きているのか?

それはご先祖様が過酷な自然淘汰を生き延びてきてくれたからです。

我々は過酷な自然淘汰を生き延びた戦士たちの末裔です。

生半可な甘い生き方では過酷な自然を生き延びることができません。

冷徹で理にかなった生き方をした祖先だけが生き延びてきました。

今も私たちは、そういった祖先の遺伝子を受け継いでいます。

道を歩くイケメンにもさえないブサメンにも、みなアフリカ、ユーラシア大陸を渡り、過酷な自然と戦いながら日本までやってきた屈強な戦士の血が流れています。

では、生き延びてきた男=オスにはどのような能力があるんでしょうか。

ズバリ

  • できるだけ多くのメスを妊娠させて自分の子を産ませる
  • 生まれた子をできるだけ死なさずに大人にして子孫を残させる

能力です。

この能力が高い選ばれしオトコたちが、今日まで生き延びています。

さあ、そう思うと、オトコから生物としてのオスの匂いを感じませんか?

孤独な目から狩人の矜持を感じませんか?

リケジョはゾクッとします。

それはさておき、能力の高いオスはどんなオスなのでしょう?

優秀なオスの条件

まず、一つ目の点「できるだけ多くのメスを妊娠させて自分の子を産ませる能力」について見てみます。

人間のオスとメスは、子を産むのに必要な労力が全然違います。

オスはメスの膣内に射精するだけです。

早ければ1分です。

若い個体であれば、次に射精するまで、1日を要しません。

一方、メスは、子を身ごもって産まないといけません。

10か月かかります。

次に妊娠するまで、2年近くはかかります。

さて、このようなオスとメスの世の中で、今日まで生き残ってきた我々の祖先はどういう行動を取ったでしょうか?

10か月、メスのそばでずっとメスを見守って、生まれた後もずっとメスと添い遂げたオスが生き残ってきたでしょうか?

自然がそんな甘いはずはないですよね。

その間にオスは死んでしまうかもしれない、メスが死んでしまうかもしれない、死産するかもしれない、生まれた子が間もなく死んでしまうかもしれない。

ものすごいリスクです。

リスクを分散させないと、子孫が絶えて、ジエンドです。

妊娠させたメスが次の子を妊娠できるまでの間に、何人かのメスを妊娠させたオスが生き残ったに決まっています。

そんなオスとメスの子孫を残す能力の違いを表す例をどうぞ。

19世紀のインド、ハイデラバードの王子ニザムです。

彼のハーレムでは、1週間で4人が出産し、翌週には9人が出産予定だったとか。

(Wikipediaより ニザムの王 同一人物かどうかは不明)

一方、生き延びてきたメスは、オスとはだいぶん違います。

スーパービッチであればあるほど生存競争に強いかというとそうではありません。

なぜなら、いくら多くのオスと交尾しても、メスが産める子どもの数は大して増えないからです。

むしろ、妊娠中、子育て初期の弱い時期を、オスに守ってもらえるようなメスが生き延びたことでしょう。

次に、二つ目の点、「生まれた子をできるだけ死なさず大人にして子孫を残させる能力」について見ていきます。

人間の赤ちゃんには大きな特徴があります。

それは、独り立ちできるようになるまでものすごい時間がかるということです。

生まれてから10年くらいは守られていないと生きていけません。

これだけの期間、メスだけで子を守るのは至難の業です。

なので、生き延びてきたオスは、メスと子を守る能力が高いです。

妊娠させてはいおしまいのオトコではだめです。

大切な子が死んでしまいます。

しかしここで二つ条件があります。

まず一つ目。

優秀なオスが守るべき子は、自分の遺伝子を継いだ子に限られます。

これの見極めが人間には難しい。

どういうことかというと、体外受精、つまり、卵に精子をかけるタイプの授精だと、自分の子だということが一発でわかります。

しかし人間の授精はメスの体内、膣の奥底、子宮頸部のさらに奥、子宮を旅して行き着く先の卵管という神秘の回廊のつき当りで行われます。

神秘の回廊の持ち主のメスには自分の子かどうか一発で分かります。

しかし、オスは神秘の回廊を眺めることすらできないので、できた子が自分の子なのか、他のオスとの間でちゃっかり妊娠した子なのか分からない。

他のオスの子を自分の子と勘違いして守るオスはアホウです。

したがって、優秀なオスは、処女もしくは妊娠していない可能性の高いメスを見分ける能力が高かったでしょう。

次に二つ目。

全部の子に愛情をまんべんなく注ぐオスが生き残ったでしょうか?

当たり前ですが、弱い子供を育てても、次の子孫を残せる可能性は低い。

そうなると、優秀なオスは、強い子供を育てようとしたはずです。

したがって、優秀なオスは、子供を厳しく育てて、強い子を大切にしたでしょう。

 

ばれない浮気は最強

さて、ここまで見てきて、あることに気づきます。

それは、オスにとって、ばれない浮気は最強だということです。

つまり、メスを妊娠させても、人間の場合は自分の子かどうかが確信できないので、うっかり自分の子だと勘違いしたつがいのアホウなオトコに子育てをさせれば、労力をほとんどかけずに子を残すことができます。

 

現代日本にあてはめると

以上みてきた通り、今日まで生き延びてきた優秀なオス(ブサメンも含む なぜならみんなが自然と戦ってきた優秀な戦士たちの末裔だから)は、次の能力が高いはずです。

  • 多くのメスを妊娠させる
  • 処女か妊娠していないメスを見極める
  • 強い子を選び、一人前になるように守り育てる

これって、まさに戦前のオトコたちじゃありませんか。

妾を囲い、めっちゃ若い妻を嫁にもらい、子供にはめっぽう厳しい。

一昔前のオトコ像そのもので、甘ったれた倫理観にべた塗にされた軟弱オトコよりも、私はキュンとします。

今でも優秀なビジネスマンや事業家にはこういうタイプが多いのでは?

ちなみに、現在、DNA鑑定を使えば自分の子を見極めることができるので、処女か妊娠していないメスを見極める能力は、今後あまり必要じゃなくなってくるかもしれません。

また、現代日本は福祉がすごく整っているので、父親が子を一人前になるように守り育てる能力がなくても、子は死にません。

実際、戦後間もないころに比べて、乳児の死亡率は15分の1になっています。

 

厚生労働省年次報告乳児死亡率の年次統計

そうすると、強い子を選んで厳しく育て、妻を守るかっこいい、いぶし銀なオトコたちは、生存競争で特に有利じゃなくなっている可能性もあります。

実際、こういう男性は如実に減ってませんか・・・?

まとめ

以上、オトコたちには祖先の強い血が流れている以上、浮気をしたり、若い女性を追っかけたり、子供にめっちゃ厳しく当たったりするのは、自然なことだと思います。

ただ、現代日本の環境には、ミスマッチ。

しかし、数百万年の本能が、そう簡単に書き換わるはずはありません。

今みたいに、妻だけを一生愛し、女性を年齢で差別せず、子どもを甘やかす理想のオトコは、過去であれば子孫を残せなかったでしょう。

倫理ではわかっていても、メスとして、本能ではそういったオトコにどこか物足りないものを感じませんか?

妻以外を愛し、めっちゃ若い女性と結婚し、子どもにめっちゃ厳しいオトコは、現在、倫理という側面から排撃を食らっています。

しかし、そういったオトコを滅亡させてしまっても、大丈夫なんでしょうか。

再び過酷な環境がやってきたとき、私たちは生き延びられるのでしょうか?

私は不安に思います。

また、これは個人的なことかもしれませんが、私のメスの血には、そういった強いオトコを求めている部分が確実にあります。

これも強くていいオトコを選び抜いてきた先祖のオンナたちの熱い血によるもので、そう簡単には変わらないと思います。

この先祖の血が満たされた時の感覚、強いオトコににらまれたときの感覚は、倫理に根差した永続的な幸福ではなく、本能に根差した瞬間的な歓喜であると思います。

現代に適応して、倫理的な幸せをじっくりかみしめるべきか、この血に流れる一瞬の歓喜に身をゆだねるべきかは、それぞれの女性が抱く、現代の悩みのような気がしてなりません。

 

約束婚研究所は、契約結婚したい/いきなり婚したいという方々のため、専門マッチングサービスの提供を予定しています。

興味を持ってくださった方は、

ブログの読者登録・コメント・SNSでのシェア・ブログ村のバナークリック(左下)

などを通じて応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

知らないと痛い目に合う結婚制度の問題点を弁護士が解説

f:id:prenups:20181204014513j:plain

マッチングサービス開始しました!※無料会員登録受付中! - 契約結婚・いきなり婚したいあなたを応援!約束婚研究所のブログ。

みなさまこんばんは。

約束婚研究所の弁護士平です。

当会は、契約結婚を推進するため、様々な方面から専門家が協力して研究を行っています。

その中で、一番大切な研究課題が

  • なんで普通の結婚じゃダメなの?
  • 契約結婚にはどんなメリットがあるの?

という疑問への回答です。

今の日本の結婚制度は、戦後70年余りの間、いろいろな問題点を乗り越えながら発展してきました。

さまざまなルールが積み重なって、とても複雑です。

私の課題は、今の結婚制度の問題点を明らかにして、その問題点を克服できるような契約結婚を法的なサービスとして皆様に提供することです。

そのためには、まず、今の結婚制度の問題点をはっきりさせないといけません。

今回は、知らないと痛い目に合う結婚制度の問題点について、皆様にご説明したいと思います。

大きく分けて、お金にまつわる問題と、それ以外の問題があります。

まず、お金にまつわる問題から見てみましょう。

お金にまつわる問題

結婚したら、財布は二人のものにする、なんていう言い方があります。

家計の管理を全部、専業主婦をしている奥さんに任せてしまう男性も結構いらっしゃいます。

それが愛情表現の一つなのかもしれません。

夫婦が上手くいっている間は全く問題ありません。

しかし、一度溝ができてしまうと、結婚制度は役に立たないどころか、余計夫婦の溝を深めてしまいかねません。

詳しく見てみましょう。

まず、結婚中は、自分の名義の土地や建物は自分一人で処分できてしまうという問題があります。

日本の法律は、結婚中は、夫婦の財産は、その財産の名義人が自由に処分できることにしています。

例えば、マイホームが夫の名義になっているとします。

そうすると、夫がこのマイホームを自由に処分できてしまうんです。

例えば、大きな借金を作った場合に勝手に担保に入れてしまったり、極端な場合、誰かに勝手に売ってしまうこともできます。

車とか高価な財産も含む財産全般について当てはまるので、これは怖いことです。

夫と家庭内別居のような状態になっているうちに、気付いたら我が家が知らない間に担保に入っていて、ある日裁判所から差し押さえの通知が・・・なんてことも起こります。

次に、夫婦間の協力義務は別居しても消えないという問題があります。

これは、「婚姻費用分担義務」などと呼ばれています。

こんなケースを考えてみましょう。

妻と会社員の夫の仲が悪化し、専業主婦の妻が実家に帰ってしまい、妻のほうは離婚に向けて強い決意を持っているとします。

こんな場合でも、夫は別居した日から、妻の生活費を負担する義務を負います。

もし夫の収入が400万円ほどあれば、月5万円以上は妻に送金しなければならない可能性が高いです。

別居が続けば続くほど、夫は経済的負担を受け続けることになり、妻は生活費をもらいながら、離婚に向けて優位な立場に立てるというわけです。

別居してしまったのに、籍が残っている以上は、助け合いなさいというルールが形式的に当てはまることで、困ってしまう人は結構います。

次に、離婚の際の財産分与の問題です。

結婚中は、夫婦はお互いの名義の財産を自由に処分できました。しかし、離婚するときには、結婚後に築いた財産は原則として半分にして分けないといけません。

お金はきれいに分けられますが、家とか土地とか車は簡単には分けられません。

そんなとき、モメてしまうと、解決まで何か月もかかってしまうことはザラです。

夫婦の財産が、離婚のときに急に半分ずつにしないといけなくなることから起こる問題ですね。

次に、一番大きいかもしれないのが死別の際の相続です。

これはものすごい問題になりかねません。

想像してみてください。

夫には3人の兄弟がいて、両親は他界。

夫の両親の遺産分割は、特に行わず、なあなあの状態で実家、土地には夫の兄弟が住み続けていました。

さて、夫が亡くなりました。

どうなるでしょう?

よく考えると当然なのですが、夫が亡くなったので、あなたが夫の実家と土地を一部相続することになるんです。

そうなると、夫の兄弟との相続争いに巻き込まれてしまいます。

それだけならまだよいのですが、相続は財産だけではありません。

もし、夫の両親に大きな借金があれば、あなたがかぶってしまう可能性もあります。

相続放棄しない限り、かなり面倒なことになる可能性が高いポイントです。

他にも、あなたが再婚したとしましょう。

前の夫との間に子どもがいて、その子は前の夫に残してもらった家で生活しているとします。

いわゆる連れ子ですね。

こんなとき、あなたが亡くなるとどうなるでしょうか?

前の夫との子が住んでいる家の半分を夫が相続してしまいます。

お子さんはとても困るでしょう。

これは、結婚することによって、強い相続権が発生することから起こる問題です。

資産家のお年寄りが、最晩年に若い女性と入籍して、遺産のほとんどをもっていかれてしまうなんてこともあります。

最後に、意外とヤバいのが姻族の扶養義務です。

姻族とは、簡単にいうと、あなたの結婚相手の両親、祖父母、兄弟姉妹、甥姪、連れ子、連れ子の子です。

血がつながっていない親族ですね。

さて、ここで驚くべき問題が発生します。

なんと、あなたには血がつながっていない姻族の扶養義務が発生します。

ただし、その人の世話を血がつながっている親族ができない場合ですが。

しかし、その場合、血のつながりもなく、間接的な縁しかない人たちを、ずっと面倒見ていかなければならない可能性があるんです。

高齢化と介護の問題が大きくなっている日本では、そういった可能性が結構あります。

ご主人が一人っ子だったりすると、年老いた両親の扶養義務がついてくる可能性がかなり高いです。

現代において、見落とされがちな巨大リスクといえるでしょう。

ちなみに、連れ子は、養子縁組しなくても姻族になるので要注意です。

この姻族扶養問題は結構根が深いです。

我慢して夫の両親に尽くした結果、ノイローゼになってしまう人もいますし、連れ子との関係で悩んでしまう方も大勢います。

このように、結婚という制度は、お金にまつわる様々な問題を引き起こします。

 

お金以外の問題

次に、お金以外の問題について見てみましょう。

なんといっても一番大きいのが、簡単に離婚できると思ったら大間違いということです。

嫌いになって、一緒にいるのが耐えられなくなれば別れる。

これが自然の摂理です。

ところが、結婚制度ははそんな簡単に離婚を許してくれないんです。

離婚は、普通は協議離婚をします。

離婚届に判を押せば完了という簡単な手続きです。

しかし、一方が離婚を嫌だといえば、協議離婚はできません。

そうなると、調停離婚になりますが、これも相手が拒否すればできません。

それでも離婚したければ、裁判です。

これは、最短でも1年近くかかりますし、50万円以上は弁護士費用がかかるとみていいでしょう。

しかも、性格の不一致を理由にする離婚は、なかなか認められません。

5年近く別居が続いていても、認められないこともあります。

要は、お互いが納得しない限り、離婚するには何年もかかるということです。

まとめ

いかがでしたか?

結婚というのは、ものすごく融通のきかないものです。

そうした中で、自分の意志を押し通そうとすれば、弁護士や裁判官に間に入ってもらわなければどうにもならないことが多いです。

これって、自立した男女の関係に反してますよね。

国と法律に思いっきり介入されてしまうということですから。

結婚について、あらためて考えていただくきっかけになれば幸いです。

 

約束婚研究所は、契約結婚専門マッチングサービスを提供しています。

興味のある方はこちらをご覧ください↓

 

【なぜ結婚詐欺師はおブスなのか】ひねくれ女子の考察

f:id:prenups:20181219185501p:plain


ひねくれ女子がお送りします。

昨日の記事で、おブスな女結婚詐欺師でもモテるという話をしました。

それに関連して、

なぜニュースに出るような結婚詐欺師はおブスが多いのか?

について、独断と偏見だけで考察してみたいと思います。

 

美人は詐欺をする必要がない

女結婚詐欺師は、男に結婚をちらつかせたうえで、「式場の頭金を払わなきゃいけない」「親が病気で治療費が必要」「ストーカーが怖いから引っ越したい」「勉強するための学費がほしい」

→だからお金が必要

などのロジックでお金を騙し取ることが多い。

 

一方、美人なら、

「これ欲しいー♡」

とおねだりするだけで高価なものも買ってもらえるので、嘘やロジックを用意する必要がない。

ただのおねだりなら何千万円貢がせようと、それだけでは犯罪にならない。

美人なら犯罪に手を染めなくても欲しいものを手に入れられるので、結婚詐欺なんかしようと思わないのだ。

でもおブスが男に貢がせるためには何かしらの嘘やロジックが必要で、かくして詐欺が始まるのではなかろうか。

 

おブスの方が男を騙しやすい

意外に思うかもしれないが、次のような場面を想像してほしい。

ごく普通の男の前に突然美女が現れ、トントン拍子に結婚が決まる。その後彼女は、何かと理由をつけては度々男にお金を要求してくる。

こんな場合、多くの男は「なんか変だな…」「もしかして、騙されてる…?」と何となく気付くのではなかろうか。

振り込め詐欺の場合もそうだが、最初に何かを信じ込んでしまうと、いくら他におかしな点がたくさんあっても、もう詐欺だとは気付けなくなる。

でも美女が突然言い寄ってきたら、自分によほど自信のある男以外は「なんでこんな美人が俺に?」と最初から少し警戒する。

その後妙なことがあれば、状況のおかしさに男はすぐに気付くことができる。

気付いてお金を払わなかったら、結婚詐欺は未遂で終わる。

あるいは「なんかオカシイけど、彼女に嫌われたくないから…!」とか「騙されてるとしても、好きだから…!」とか思いながらお金を払っても、完全に騙されているわけではないので詐欺にはならない。

このように、世の中で美女が男を「騙す」場合は、実際は「たぶらかす」「誘惑する」的な意味のことが多く、刑法上の詐欺罪が成立することは少ない気がする。

(セクシー美女である峰不二子は毎回ルパンを「騙す」けど、ルパンは別に不二子の言うことを信じ切っているわけではなく、薄々気付きつつも進んで騙されていると思う。)

 

逆に、おブスが現れて結婚が決まったとしても、男は全く警戒しない。

ドラマや映画の女詐欺師はみんなその美貌で男を陥落していくと相場が決まっているし、美人局(つつもたせ)も読んで字の如く美人なはずなので、おブスには油断してしまう。

外見がごく普通の、むしろ普通未満のこの女が、自分を騙すために来た結婚詐欺師だなんて夢にも思わないからだ。

おブスだけど気立てがいい女(詐欺師ならそう思わせるだろう)と平凡な結婚が決まったところで、親が病気で治療費が必要だと言われれば、疑うことなく「それはかわいそうに」と思いお金を出してしまう。

かくして、おブスは美人より詐欺を成功させやすいのである。

 

おブスの方が通報されやすい

〈被害者本人による通報〉

お金を騙し取られたことに気付いたとき、相手が美女だったかおブスだったかによって、通報のモチベーションは変わると思う。

相手が美女なら、

「くそー、やられた‥!全くあの女は‥‥!高い勉強料だった‥」で済みやすい気がする。

ところが相手がおブスだったら、

「いや、おい、マジかよ!ありえないだろ!あいつ絶対許さねぇ」となりやすい気がする。

言うなれば、

  • 美女にお金を騙し取られた=投資に失敗した
  • おブスにお金を騙し取られた=善意で寄付した相手からぶん殴られた

みたいなイメージ。

美人に騙されたら自分を責めるけど、おブスに騙されたら相手を責める気がする。

よって、おブスの方が通報されやすいのではないだろうか。

 

〈家族からの通報〉

結婚詐欺の場合、騙された後でも被害者本人は詐欺師のことをまだ好きなことが多いので、本人が通報することは少ないらしい。

そうすると見かねた家族(親兄弟のことが多いだろう)が通報するわけだが、その場合でも詐欺師が美人かおブスかによって対応が変わる気がする。

相手が美女だった場合、自分の息子や兄弟が「美女に貢がされた」という認識になりやすく、女を恨みこそすれ、刑法上の詐欺として通報しようということになりにくい気がする。

一方、相手がおブスだった場合、親兄弟としては「なんであんな女に大金を!?」と理解に苦しむので、貢がされたというよりも「変な女にアレコレ言われてお金を騙し取られた!許せない!」となりがちだろう。

(私にも兄がいるが、もし兄が美女にお金を騙し取られたら「わー、おばかな兄‥」と思うが、おブスから治療費名目でお金を騙し取られたら「その女何なの?通報しなよ」と言うだろう。)

 

ニュースになるような女結婚詐欺師がたいていおブスなのは、このような理由によるのではないでしょうか。

以上、ひねくれ女子の独断と偏見に満ちた考察でした。

 

約束婚研究所は、契約結婚専門マッチングサービスを提供をしています。

興味のある方は、こちらをご覧ください。

【特別企画】精神科医に聞く男女の違い|オトコは発達障害でオンナはボーダーライン?

f:id:prenups:20181204012919j:plain

みなさまこんばんは。

約束婚研究所メンバーの没個性派メガネです。

今回は、特別企画として、精神科のドクターに男女の脳の違いについてインタビューしてきました。

一昔前に「話を聞かない男、地図が読めない女」という本がベストセラーになりましたよね。

 

新装版 話を聞かない男、地図が読めない女

新装版 話を聞かない男、地図が読めない女

 

 

男女の違いを的確に示したことで有名になりました。

この本を書いたアラン・ピーズさんはボディランゲージの専門家です。

今回の記事は、それの精神科医バージョンです。

私たち一般人とはちがい、脳と心の専門家である精神科医から見た男女の脳の違いとは?

ズバリ

オトコは発達障害、オンナはボーダーライン

だそうです。

発達障害」「ボーダーライン」というのは病気の名前で、後ほどご説明します。

 

お読みいただく際の注意点ですが、これらの病気は、社会生活を困難にする重大なものなので、オトコやオンナがみんなこの病気であるという意味では決してありません。

これらの病気の特徴が、オトコとオンナの特徴によく符合するということです。

それでは、詳しく見てみましょう。

オトコは発達障害でオンナはボーダー?

みなさま、「発達障害」や「ボーダーライン」という病気を聞いたことがありますか?

ここでいう発達障害とは、「広汎性発達障害(Pervasive Developmental Disorder)」のことをいいます。

アスペルガー障害(Asperger's Disorder)や自閉症(Autistic Disorder)がよく知られており、自閉症スペクトラム(Autism Spectrum Disorder)に位置付けられます。

日本でも、「大人の発達障害」という言葉がはやり、最近知名度が増しています。

 

「ボーダーライン」とは、正確には境界性人格障害(Borderline Personality Disorder)といいます。

境界=ボーダーラインなので、日本ではそう呼ばれることもあります。

それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

広汎性発達障害の特徴

広汎性発達障害とは、社会性やコミュニケーション能力の発達遅滞を特徴とする発達障害です。

大きく2つの特徴があるといわれています。

  1. 社会関係、コミュニケーションが苦手
  2. 関心や態度が偏っている

もう少し詳しく見てみましょう。

1の「社会関係、コミュニケーションが苦手」というのは、ざっと次のような感じになります。

  • 言語以外の多彩な表現が苦手
  • 人間関係が苦手
  • 他人と感情や行動を共有するのが苦手

やたらとぶっきらぼうな話し方、笑顔に笑顔を返せない、怒ってる人を理路整然と説き伏せようとしてもっと怒らせる、みんなが笑っているのに同じタイミングで笑えない、いつもひとりで孤立しているなどなど。

2の「関心や態度が偏っている」というのは、ざっと次のような感じになります。

  • 特定のことに興味が偏る
  • 特定のルーティンややり方にこだわって融通がきかない
  • 同じ動作を何回も繰り返す
  • 物の一部分にものすごく執着する

ひたすら切手、フィギュア、カードなどを集め続ける、毎日同じ時間に風呂に入らないと落ち着かない、何回も何回も同じゲームをやる、車のナンバープレートにハマる、歴史に異常に詳しい、メカを一日中いじっているなどなど。

 

まとめると、他人との関係が不器用で、自分の世界にどっぷりハマるといった感じでしょうか。

要注意!

ここで挙げた特徴は、診断基準じゃありません。

広汎性発達障害の人には、こういう特徴を持った人が多いということです。

誤解のないように添えておきます。

詳しく知りたいという方には、次の書籍がオススメです。

 

大人の発達障害ってそういうことだったのか その後

大人の発達障害ってそういうことだったのか その後

 

 

 

さて、こういった特徴が当てはまる人、身の回りにいませんか?

そして、やけに男性に多くありませんか?

ちなみに、広汎性発達障害の発症率は、男性が女性の数倍です。

境界性人格障害の特徴

境界性人格障害とは、パーソナリティ障害の一つで、日本でも「ボーダーラインパーソナリティ」などと呼ばれて知られています。

対人関係、自己像、感情が不安定になり、著しく衝動的な行動をとるという人格障害です。

精神的に不安定で、気持ちが両極端を行き来するというのが特徴です。

もう少し詳しく見てみると、次のような特徴があります。

  • 他人に見捨てられることが不安
  • 気分が上下しやすい
  • 相手を理想化したかと思えば一転、こき下ろす
  • 自分に自信がない、自分が嫌い

愛情にものすごく飢えていてさみしがり、一人ぼっちになるのが嫌で無理に合わせる、急に怒ったり泣いたりする、最高の人を見つけたといって徹底的に尽くす、が、裏切られたなどと言って一転して憎みまくる、ありのままの自分に自信がないのでなるべく個性を消そうとするなどなど。

まとめると、依存的で極端といった感じでしょうか。

再度要注意!
ここで挙げた特徴は、診断基準じゃありません。
境界性人格障害の人には、こういう特徴を持った人が多いということです。
誤解のないように添えておきます。

詳しく知りたい方には、次の書籍がオススメです。

 

パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書)

パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書)

 

 

さて、こういった特徴に当てはまる人、周りにけっこういませんか?

そして、やけに女性に多くありませんか?

ちなみに、境界性人格障害と診断される女性は、男性の数倍です。

 

もっと全般的に学びたい方には、次の書籍がオススメです。

 

Psychiatry (Oxford Medical Publications)

Psychiatry (Oxford Medical Publications)

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

確かに、男性には広汎性発達障害的な特徴を持った人が多く、女性には境界性人格障害的な特徴を持った人が多い気がします。

男女の脳の違いに関係があるのでしょうか?

とても興味深いお話でした。

知名度も高く、社会的に問題になることが多い病気なので、みなさまも一度勉強されてみてはいかがでしょうか?

同時に男女観が深まるかもしれません。

 

 

約束婚研究所は、約束婚(契約結婚)したい方々を応援するため、約束婚(契約結婚)専門マッチングサービスの提供を予定しています。

当所のコンセプトにご賛同頂ける方は、
・本ブログのお気に入り登録
・コメント
SNSでの拡散等
を通じて応援頂けますよう、お願い致します

 

ちょうどいい性格ブスのススメ|性格の良い女はモテない

今回もひねくれ女子がお送りします。

f:id:prenups:20181219185501p:plain

性格の良い女はモテない。

性格の良い女はモテない!

とは言ってみたが、美人で性格が良ければやはりそれなりにモテる(おい)。

でも、美人ならちょっと性格が悪い方が、もっとモテる。

あざとかったり、喜怒哀楽が激しかったり、面倒なことを悪びれもせず男に頼んじゃったり、自由奔放で行動が読めなかったりする女に、男は振り回されて夢中になりがちだ。

そして、

性格の良い女は、男から大事にされにくい

とも思う。

男から何をされても文句を言わず許して、男のためにせっせと料理を作ったり、掃除なんかしてしまう女。

こういう「性格の良い」女は、いくら美人でも可愛くても、男から重たいと思われて敬遠されたり、舐められたり、浮気されたり、ぞんざいな扱いをされたりしがちな気がする。理不尽なことに。

 

でも、性格の悪い女もモテない

とはいえ、可愛かろうがブスかろうが、やはり性格が悪すぎたらモテない。

ずっと文句や悪口ばかり言っていたり、他人を貶めまくったり、人間としての礼儀やマナーを欠きすぎている女は、どことなくヤバイオーラが全身からほとばしる。

敏感な男は一目見てヤバさを感知するのでそういう女には近づかないし、鈍感な男でも付き合っているうちに気付いて、去っていく。

 

ちょうどいい性格ブスのススメ

そう考えると、女の性格は良すぎても悪すぎてもダメで、

ちょっと良い・普通・ちょっと悪い

あたりがモテ的観点からすればベストだと思う。

ニュースになるような結婚詐欺師の女はなぜか結構パンチの効いたおブスなことが多いけど、あれはきっとちょうどいい性格の悪さで男を振り回して夢中にさせているんじゃなかろうか。

事あるごとにお金はせびるし、お金を払わなければ不機嫌になったりするんだろうけど、何かしてもらったときにはとびきりの笑顔でお礼を言ったり、おいしい手料理を振る舞ったりするんだろうなぁ。

アメとムチを上手に使い分ければ、おブスな女でも何千万円も貢がせられるくらいにモテうるってことを体現してるわけだ。

アメばかりでもダメだし、ムチばかりでもダメ。

女は性格の良さをアピールするより、アメとムチの使い分けが上手な、ちょうどいい性格ブスになった方が良いのかも?

 

じゃぁ男の性格とモテの相関は?

男の性格とモテについても考えてみよう。

成熟していない若い女(学生とか)は、性格がそんなに良くない男に惹かれがちな気がする。

何をしてくるのかわからないような悪い男にドキドキして、

行動が読めるような、性格の良い男にはなぜかときめかない。

逆に、女は成熟して結婚を意識するようになると、性格の良い男(ちゃんとした男)に惹かれるようになる。

何をしでかすかわからないような危なっかしい男と結婚したくない!っていうのは自然なことだろう。

(だが、どれだけ成熟しようと、「この男(ひと)は私がいないとダメだから…」なんて思いつつダメ男を支えるのが大好きっていう母性本能が強すぎる女も一定数いる)

なので、男のモテと性格の相関については、

  • 性格が悪い(わがままな、やんちゃな、オラオラな)方が、若い女と母性本能が強い女からモテる
  • 性格が良い方が、結婚を意識する世代からモテる

って感じになる気がする。ターゲット次第っていう。

 

以上、性格とモテに関するひねくれた考察でした。

異論も多いと思うので、コメントなどでご意見頂けたら参考になります!

それでは。

 

約束婚研究所は、契約結婚専門マッチングサービスを提供しています。

興味を持ってくださった方は、こちらをご覧ください↓